交換をする

自宅のドアに合った鍵を見つける

ドアに付ける鍵は、ホームセンターなどで普通に販売されています。業者に交換を頼むと最低でも5000円を下らない価格ですが、自分で取り替えれば2000円前後で収まります。しかし、この鍵の交換の厄介なところは、見てくれだけでは交換可能な物かどうかの見分けが難しいのです。同じメーカーの品であっても、型が違えば交換できない場合が多々あります。ホームセンターで相談する際は、自宅の鍵の本体の部分を一式全部外して持参した方が無難です。素人判断は失敗の元なので、くれぐれも注意が必要です。そして、ホームセンターで交換品が手に入らなかった場合は、本職の人に交換をお願いした方が得策です。下手をすれば、ドア自体を壊すことにも繋がります。

よりコピーの難しい製品へ

鍵に関する色々なトラブルは、今までに相当な数が発生しています。コピーを簡単に作れることもトラブルの原因の一つです。賃貸住宅では、退出者がコピーの鍵を持っている危険性を考えた上で、住人が変わる度にドアキーを交換することを常としています。しかし、最近では簡単にコピーが出来ないドアキーもお目見えしました。このシステムを用いれば、顧客が鍵を失くすという不始末をしない限り、新たなドアキーへの交換の必要はなくなります。そして、最近では、鍵を必要としない鍵もお目見えしました。所謂電子化された暗証番号でしかロックを解除できない方式のドアキーです。形のある鍵は必要ないので、紛失の心配もなく安心できる優れものです。